スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【積水ハウスBeFreeで建てた小さなマイホーム建築日記】は、
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくおねがいします!

⇒住まいブログ

⇒人気blogランキング

⇒FC2ブログランキング



スポンサード リンク

見落としがちな所② 

こんばんは。
今日は「見落としがちな所② 壁・天井補強編」です。

重い物力のかかる物を取付ける可能性のある箇所には、事前に壁・天井補強を入れておかなければなりません。
補強といっても、木の板が入るだけですが…。
差額はそんなに高くありませんし、一度ボードを貼って閉じてしまうと変更は難しいので、可能性のある箇所はしっかりと入れておくと良いと思います。

うちで補強を入れた箇所をご紹介致します。

・壁掛けテレビ用の壁補強
・エアコン用の壁補強
・棚を付ける場所の壁補強
・天井付けスピーカー用の天井補強
・ホスクリン用の天井補強
・照明用の天井補強
(・プロジェクタ用の天井補強はやめました)


特にダイニングの照明は、流行りのシャンデリアを付ける可能性があることを伝えると、テーブルの位置を動かした時、照明の位置もずれるので、広めに入れておいた方が良いと提案されお願いしました。
P3300003.jpg
補強を入れた箇所は、ボードを貼る前に写真に取っておくと、後で必要になった時分かりやすいのでいいですよ。


【積水ハウスBeFreeで建てた小さなマイホーム建築日記】は、
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくおねがいします!

⇒住まいブログ

⇒人気blogランキング

⇒FC2ブログランキング



スポンサード リンク

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sekisuihouse.blog91.fc2.com/tb.php/33-2d62130e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。